モバイルスマホ部 モバイルスマホ部に入部する Facebookのコミュニティに参加しよう!

今さら聞けないスマートフォン講座「iPhoneの文字入力機能について パート1」

| コメント(0)

 

こんにちは☆

 

今回は、iPhoneの文字入力についてご紹介いたします。

iPhoneのキーボードにはいろいろな便利機能が隠されているんですnotes




 


one友人の名前を素早く変換しよう!

例えば、メールなどの文字入力中に、

友人や家族の名前の漢字変換に困ったことがある方もいらっしゃると思います。

そんな時は、その友人や家族の連絡先(電話帳)に

姓と名を漢字だけでなく「読み」までしっかり登録してみましょうsign01shine

すると、変換候補内にもその名前の漢字が出るようになります。

 

普通このような場合は、

ユーザー辞書登録に名前を登録しておくと簡単に変換できるようになるのですが、

iPhoneなら連絡先からも候補を出してくれるのでとっても便利ですねheart04

※この機能を利用して、電話帳をユーザー辞書として利用することもできます!



 

 

two入力の取り消し技

文章入力中に、「今入れた言葉だけ消したい」または

「今消してしまった言葉を復活させたい」という時には、iPhoneを振ってみましょう!

 

すると、「取り消しますか?」という表示が出ますので、

それを押すと元に戻すことができます。

わざわざやり直しをしなくて済むので、手間を省くことができる便利な機能です。

 

iPhoneを振った時の様子

写真 2013-05-28 16 28 39.png

 


 

 

three入力した文字を長押しして文字を選択すると、いろいろな機能が使える

文字のコピーや切り取りをしたいときには、

その文字の付近を長押しして範囲を選択しますが、

その時に現れるメニューの中に実は「辞書」というメニューや「ユーザー辞書登録」、

そして写真や動画の挿入ができてしまいますhappy02notes

 

特に「辞書」機能は便利で、

知らない言葉や英単語を検索すると、読み方や意味を調べることができますよ☆

 

長押しすると…メニューが現れます。

写真 2013-05-28 16 28 51.png

 

「選択」で調べたい単語を囲います

写真 2013-05-28 16 29 13.png

 

メニューの中の右側の三角マークをタップして、

「辞書」というメニューを見つけましょう。タップすると…!?

写真 2013-05-28 16 29 17.png

このように辞書が発動します♡

 

また、このメニューの中には画像の挿入や文字装飾などいろいろありますので

ご覧になってみてください。

写真 2013-05-28 16 28 58.png



 

 

four「A」などの文字を長押しすると、似たような文字の予測変換が表示される

キーボードの地球儀マークを長押しして『English(US)』に切り替えてから、

「A」ならAの上にバーがついたもの、「I」なら上に点々がついたものがいろいろ表示されます。

 

それらは普段、「記号」の中にしか出てこない文字ですが、

この機能があればその文字を探す手間を省くことができます。



 

 

来週も引き続き、iPhoneのキーボード入力の便利な技についてご紹介いたしますflair

 

*******************

FM岩手ラジオ番組「モバイルスマホ部」 

16:45~16:55ON AIRscissorsup

*******************

 

岩手のみなさんはもちろん、

LISMO WAVEのアプリで全国の方も聞くことができますので

是非一度聞いてみてくださいね♡

スポンサードリンク

コメントする