モバイルスマホ部 モバイルスマホ部に入部する Facebookのコミュニティに参加しよう!

今さら聞けないスマートフォン講座「データ通信量の目安について」

| コメント(0)

「遠出するからスマホをナビ代わりに使いたいけど通信量が気になるwobbly

「通信量プランをいろいろ選べるけどどれにしたらいいかわからないcoldsweats02

 

そんな方のために今日は、

データ通信量の目安についてまとめてご紹介いたします。




ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s.jpg

◆動画再生<youtube>

Youtubeは標準画質で再生した場合1時間で1GB使うことになります。

動画は思った以上に通信量がかさみますので要注意ですね><

参考HPはこちら

 

◆オンラインゲーム

オンラインゲームも常に通信をし続けるので、

ゲームによって差はありますが通信量がかさむ大きな要素になることが多いです。

人気ゲームで比較をすると、ゲームプレイ中のみの通信料であれば

パズドラは1時間当たり1MB、

ツムツムは2.5MB、

ドラクエは4.5MBと検証したサイトがありました。

参考HPはこちら

 

動画再生と比較すると思ったよりは通信を使わないように感じますが、

アプリのダウンロードやデータ更新などの通信量はまた別にかかる場合が多いですので

データ通信量計測アプリなどを利用して自分自身で目安を設定できると安心です。

 

◆地図アプリ<Googleマップ>

30分ナビの利用…約2.5MB

経路検索…1MB以下

拡大縮小…約3MB

航空写真で拡大縮小…約13MB

ナビと比較しても縮小拡大の時に大きく通信をするようです。

ナビは思う存分使っても意外と痛くなさそうです。

参考HPはこちら

 

◆その他

WEBサイト閲覧は1GBで7000ページの閲覧ができますし

気にせずどんどん利用できますshine

 

また、注意なのがテザリングやクラウドです。

テザリングでパソコンにつないだ場合、

パソコンの大画面分のデータ通信量が必要になる分大きくデータ通信を行います。

クラウドサービスは画像データをアップロードするのに通信しますので、

無料のデータ通信量アプリなどを利用して自分の使い方を確認していけると安心です。

 

Androidの方にオススメのアプリはこちら<通信量モニター>

iPhoneの方にオススメのアプリはこちら<通信量チェッカー>

スポンサードリンク

コメントする