モバイルスマホ部 モバイルスマホ部に入部する Facebookのコミュニティに参加しよう!

今さら聞けないスマートフォン講座「iPhoneの空き容量低下について」

| コメント(0)

143280449fd6ad501a334eb8f4493dfd_m.jpg

iPhoneは購入の時点で16GB、64GB…と本体の容量の選択をしなければなりませんが、

使っているうちにその容量がいっぱいになってしまうことがあります。

そこで今日は、空き容量が低下したときの対処方法についてご紹介いたします^^

 




◆空き容量が少なくなるとどうなるの?

空き容量が低下してくると、画面に『ストレージの空き容量がありません』と表示されるようになります。空き容量がなくなってしまうとそれ以上はデータを保存できなくなりますので、写真の保存やアプリ・音楽のダウンロードができなくなってしまいます。

 

◆対処法は?

まずは『設定アプリ』の中の『一般』という項目から『ストレージとiCloudの使用状況』のページを確認しましょう。

写真 H28-07-05 16 52 37.png

その中には「使用済み」「使用可能」のそれぞれの項目があり、本体容量の状態を確認することができます。

写真 H28-07-05 16 52 46 - コピー.png

また、『ストレージを管理』という項目からどんなデータで容量を使っているのかを確認をしてみましょう。

写真 H28-07-05 16 52 46.png 写真 H28-07-05 16 53 06.png

たとえば「写真とカメラ」のアプリで容量を使っている場合には、沢山の写真で容量が使われていることがわかります。

 

◆写真で容量がいっぱいになっている場合には

写真でいっぱいになっている場合にはいくつか方法があります。

1つ目は、写真データをパソコンへ移動してしまう方法です。定期的に写真データを本体以外に移動できれば、その分の容量を確保することができます。

 

◆いつでもiPhoneで写真を見たいという方には…

そういう方には、オンラインストレージに写真を保管する方法をおすすめします。例えばDropboxやauCloud、そしてiCloudへ写真をアップロードしておくことで、いつでも簡単にアクセスすることができますし、iPhone本体からは写真を削除することができます。ただし、写真のアップロードや閲覧にはデータ通信が必要になりますので、使った分だけデータ通信量がかかってしまうということをご理解いただければと思います。

 

 

スポンサードリンク

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アイテム

  • unnamedMA0N8QZX.png
  • unnamedYTSQ6SHA.png
  • unnamed6SKHRWDU.png
  • unnamedZ2ABZRI2.png
  • unnamedNQO6S3IN.png
  • 写真 H28-07-05 16 53 06.png
  • 写真 H28-07-05 16 52 46.png
  • 写真 H28-07-05 16 52 46 - コピー.png
  • 写真 H28-07-05 16 52 37.png
  • 143280449fd6ad501a334eb8f4493dfd_m.jpg