寝起きのときに腰痛になるときにはマットレスが原因の可能性がある

昼間はあまり腰痛が気になることはないけれど、寝起きのときにいつも痛んで困るという人もいるでしょう。

その原因が実はマットレスだという可能性があるのを知っているでしょうか。

なぜ寝起きの腰痛の原因がマットレスなのかを理解して対策を考えましょう。

寝起きの腰痛がマットレスによって引き起こされる可能性

寝起きの腰痛の原因がマットレスだと言われてもなかなかイメージできない人もいるでしょう。

マットレスが合っていないことで腰が痛くなってしまうリスクがあるのはなぜなのかをまず紹介します。

寝ている間に腰に負担がかかっている

寝起きのときだけ腰が痛いというのは腰に病気や障害を持っているのとは違います。

端的に言えば、寝ている間に腰に負荷がかかっていたために起きるときに痛いという状況に陥っているのです。

腰に負担がかかってしまう理由として多いのは、寝ているときに腰が浮いているからです。

体を仰向けにしてフローリングなどで横になると、お尻と背中の方に近い部分が出っ張っていて、この二点で体を支える形になるでしょう。

この状態は腰の力を使って体を支えていることになるため、腰に負担がかかってしまいます。

また、腰が折れてしまった状態で仰向けになっている場合にも負担がかかりがちです。

横になっているときに体重の集まるところが腰になってしまうからです。

マットレスが合っていないと腰が浮いていたり、折れてしまっていたりするために腰に負担がかかりがちなのです。

寝る姿勢がずっと同じになっている

腰が浮いていることも折れ曲がっていることもないけれど、寝起きのときには腰が痛いという人もいるでしょう。

もう一つの原因として知られているのが、寝る姿勢が変わらないまま何時間もずっと眠っていることです。

通常の睡眠であれば寝返りを打つことによって姿勢が変わり、体にかかる負担の状態が変化します。

ところが、マットレスが体に合っていないと寝返りを打ちにくくてずっと同じ姿勢になってしまうこともあるのです。

腰にかかっている負担がわずかだったとしても、睡眠中ずっと負荷がかかっていれば腰にもダメージがあります。

凝り固まってしまった感じで痛いというときにはこの原因の可能性が高いでしょう。

長期化すると昼間も痛むことが多い

腰に負担がかかっているのが問題で寝起きに腰が痛いのなら、起きてから治るのはなぜなのかと思う人もいるでしょう。

長期的に見ると昼間も痛むようになることが多いので、まだ寝起きのときだけで済んでいると考えるのが適切です。

初期段階では動いているうちに炎症物質や疲労物質などが取り除かれていって症状が緩和されます。

しかし、長期化すると動くことで緩和されるよりも、腰への負担の積み重ねの影響が大きくなってしまって昼間も痛み続けるようになってしまうのです。

そのため、寝起きに腰痛になっているのに気付いた時点で対策を建てるのが重要になります。

寝起きの腰痛対策になるマットレスの選び方

寝起きの腰痛対策にはどんなマットレスを選んだら良いのでしょうか。

自分に合うマットレスを選ぶのが重要なので、選び方の基本的な観点を理解しておきましょう。

原因が腰の浮きか沈みかで選び方が違う

腰痛対策のマットレスを選ぶ上で重要なのが原因によって適切なものを選定することです。

腰が浮いてしまっている場合には腰がきちんとマットレスにつくものを選ぶ必要があります。

硬すぎるマットレスを選んでいることがほとんどなので、柔らかめのマットレスにするのが対策になります。

腰が折れてしまっているときには逆に柔らかすぎてしまっているのが原因のことがほとんどです。

少し硬めのマットレスにして腰が曲がってしまわないようにするのが良い対策です。

腰の浮き沈みがどの程度かは実際にマットレスに横になってみればわかります。

判断しやすいのでまずはこの観点からマットレス選びを始めるのがおすすめです。

寝返り対策には反発性が重要

寝起きに体がこわばっている様子があるなら寝返りを打てていない可能性が高いでしょう。

寝ても疲れが取れないというときにも寝返り不足が原因のことがよくあります。

このようなときにはマットレスの反発性の高さを重視するのが良い方法です。

反発が弱いと寝返りを打つのに大きな力が必要になってしまいます。

反発力があると寝返りを補助してくれるので、寝返り不足への対策になります。

ただ、反発力が強すぎると体が浮いてしまいやすいので気を付けましょう。

ちょうど良い反発力は体重や体格によって異なるので、実際に横になってみて確認することが重要になります。

体を密着させることができて、さらに反発力もあるマットレスにするのがおすすめです。

まとめ

寝起きのときに腰痛になってしまうというときには原因がマットレスかもしれないと疑いましょう。

横になったときに腰が浮いているか沈んでいるかを確認し、寝返りを打てているかがわかれば適切なマットレスを選び出せます。